JCB MUSIC LOUNGE

JCB MUSIC LOUNGE

2022.3.25

Vol.29 石丸幹二

JCB MUSIC LOUNGE Vol.29
JCB Presents
KANJI ISHIMARU Live in BLUE NOTE TOKYO

【JCB MUSIC LOUNGEとは】

JCBが独自に企画している、JCBカード会員の方だけにお贈りする限定ライブ。
歌手・俳優として縦横無尽に活躍する石丸幹二が、ジャズピアニスト クリヤ・マコトを迎えて、繰り広げた豪華ステージ!
当日のReport と Set Listをお届けします。
※当日は新型コロナウイルス感染症対策を講じて行いました。

多彩なエンターテイナーの
音楽世界を体験するひととき

俳優、歌手、音楽番組の司会者などさまざまな顔を持つ石丸幹二が2月25日(金)、JCB会員限定のプレミアムライブ「JCB Presents KANJI ISHIMARU Live in BLUE NOTE TOKYO」を南青山・ブルーノート東京で開催した。

2020年にデビュー30周年を迎えた石丸は、21年、大規模なツアー「石丸幹二 オーケストラコンサート 2021」に続き、舞台『蜘蛛女のキス』で主演し、ミュージカル・ベストテン2021の男優部門1位を受賞。絶好調を更新し続けるエンターテイナーの音楽世界を、手の届くような距離で味わえるのは本当にプレミアムな体験だ。臨場感たっぷりのなか、ときに語りかけるように、ときに会場を震わせるように、多彩そのもののヴォーカルを届けた。

ジャズのビッグ・バンドが演奏できるほど大きいステージを持つブルーノート東京だが、この日の舞台はピアノ、マイク、椅子があるだけ。いつもよりさらに舞台が広く感じられる。盛大な拍手のなか、石丸幹二がアルト・サックスを持って現れ、その後にピアニストのクリヤ・マコトが続く。

1曲目は、井上陽水が1984年に発表したヒット曲「いっそセレナーデ」。セレナーデは“小夜曲”という意味で、これから深まっていく夜にぴったりのオープニング・トラックだ。続いてはカーペンターズで有名な「遥かなる影(Close to you)」を軽やかに歌い、そこからなんと、『宇宙戦艦ヤマト』の「真赤なスカーフ」へと続けていく。クリヤは、まるでベースを演奏するかのように低音部をリズミカルに奏で、高音部でブルース調のオブリガート(合いの手)を歌に挟む。

石丸幹二とジャズ・ミュージシャンの相性の良さは、ギター奏者の吉田次郎との共演作『Something's Coming』(2020年)でも明らかなところだが、ジャズ演奏家の持つ即興性や遊び心が石丸のクリエイティブ・スピリットを刺激するのだろう。クリヤのプレイぶりは、単なる伴奏の域にとどまらない。会話をするように、どんどん石丸の歌に音を添えていく。

「ブルーノート・ニューヨーク」や「ブルーノート・ミラノ」で演奏した時のエピソードの後に、クリヤが無伴奏ソロで演奏したのはディズニー・ソングの「星に願いを」。だが、そこに“変奏曲”という言葉を付け足したいほど、パフォーマンスは自由自在に変化していく。一体どこに、どう着地するのか。多くの観客が、空中ブランコを目の当たりにしているような気分になっただろう。

熱いピアノ・ソロに触れて、石丸幹二のテンションも高まるばかりに感じられた。ミュージカル曲を集めたコーナーでは、『オペラ座の怪人』から「The Point of No Return」や、『エリザベート』から「わたしだけに〜愛と死の輪舞」を披露。近年の代表的レパートリーである「」も、昨年10月にリリースしたCDに入っているものとはまた異なる、“今このときの石丸とクリヤの音の語らい”としかいいようのないアレンジで綴られる。また、石丸は東京藝術大学声楽科に合格する前、東京音楽大学でサックスを専攻していたことがあるが、「マイ・ウェイ」では流暢なサックスの“吹き語り”で聴衆を沸かせた。

鳴りやまないアンコールに応え、歌われたのは「愛の讃歌」。岩谷時子や松永祐子ではなく、栗原野里子の日本語詞に基づく歌唱だ(長谷川きよしも、この歌詞で歌っていた)。男性的な歌詞、豊かな歌声、ニュアンスに富むピアノが一体となってライブが終了した。終演後、会場には早くも“またこのふたりのライブをブルーノート東京で聴きたい”との声がいくつも寄せられたという。音楽を愛し、自由を愛し、とびきり歌心に富むふたりのブルーノート東京公演第2弾を、心待ちにしたい。

アーティストをイメージした本公演限定のオリジナルカクテル「Close to you」
ハーブリキュールのリカール、白ワインをベースに柚子の香り、グレープフルーツの苦味が心地よい一杯。

(撮影:Nana Yoshimura)

Set List

1st STAGE 2nd STAGE
M1 いっそセレナーデ いっそセレナーデ
M2 遥かなる影(Close to you) 遙かなる影(Close to you)
M3 真赤なスカーフ 真赤なスカーフ
M4 クリヤ・マコト ピアノソロ クリヤ・マコト ピアノソロ
M5 The Point of No Return 彼女は女
M6 わたしだけに
〜愛と死の輪舞
わたしだけに
〜愛と死の輪舞
M7 ミスター・セロファン ミスター・セロファン
M8 帰らざる日々 帰らざる日々
M9
M10 シェルブールの雨傘 シェルブールの雨傘
M11 Lost Boys Calling Lost Boys Calling
M12 マイ・ウェイ マイ・ウェイ
En1 愛の讃歌 メモリー
このイベントについて
開催日2022年2月25日(金) 1st 6:00PM/2nd 8:30PM
会場名BLUE NOTE TOKYO(東京)
前のレポートVol.30 古内東子
次のレポートVol.28 ブルーノート東京
オールスター・ジャズ・オーケストラ
TOPに戻る
RECOMMEND

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

新しい体験をさらに探す

MADE BY JCBだから体験できる特別な時間。