カオス・シンクロ1900(オープニング)

カオス・シンクロ1900(オープニング)
CHAOS SYNCHRO1900

機関車が駅で停車すると、19世紀からやってきたさまざまな乗客が次々と降りてくる。風変わりな人、曲芸師、ジャグラー、パーカッショニスト、ダンサーたちがそれぞれ着飾って登場する。アクロバットやパーカッション、さらには振付も加わって「好奇心の玉手箱」の中で、自由と活気あふれるお祭りムードを作り出す。