JCB MUSIC LOUNGE

JCB MUSIC LOUNGE

2017.11.9

Vol.17 chay

JCB MUSIC LOUNGE Vol.17
JCB Presents chay 5th Anniversary “chay's suite room”

【JCB MUSIC LOUNGEとは】

JCBが独自に企画している、JCBカード会員の方だけにお贈りする限定ライブ。
今回は、chayが初登場!
スペシャルゲストに武部聡志を迎えました。
当日のReport と Set Listをお届けします。

デビュー5周年を迎えたchayの
BLUE NOTE TOKYO Special Liveをレポート!

2017年10月5日、東京・南青山のブルーノート東京で「JCB Presents chay 5th Anniversary “chay's suite room”」が開催された。
これは人気シンガー・ソングライター、chayの好評シリーズ“chay's room”の特別編。10月24日にデビュー5周年を迎えた彼女の音楽の世界を、いつもとは異なる雰囲気のなかで楽しもうというライブだ。

タキシード姿の武部聡志がピアノに向かい、軽快なイントロで観客を乗せていくなか、Chayはゆっくりと、すべての観客と視線をあわせるようにしてステージにあがる。テレビドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』の主題歌、「あなたに恋をしてみました」を届けた。黒いドレスを着た彼女が、武部の奏でる4(フォー)ビートにあわせ、フィンガースナップをしながら歌う姿は、まるで1950年代のハリウッド映画に登場するジャズ・シンガーのようだ。

「この日が来るのを待っていました。尊敬する武部さんとふたりで、ブルーノート東京でライブができることを嬉しく思います」というMCの後、
chayは自身のトレードマークのハートギター(英国のゼマティス社が制作)を持って、「好きで好きで好きすぎて」を熱唱。

客席からはごく自然に手拍子が巻き起こり、武部もグリッサンド(隙間なく流れるように音高を上下する奏法)を交えながらchayのギターと“音の対話”を演じた。カヴァー曲では荒井由実の「12月の雨」(武部のリクエスト)や、弾き語りを始めて最初にマスターした曲だというキャロル・キングの「I Feel The Earth Move」(英語詞)などで魅了。

オリジナルのバラード「You」で余韻を残した後は、武部がひとりで「僕らの音楽 テーマ・ソング」を奏でる。アマチュア時代のchayは、この番組を収録しているスタジオに行き、武部をはじめとするスタッフに自分をアピールしたことがあるのだという。

赤いドレスに着替え、ステージに再登場した彼女が英語で披露した「True Colors」(シンディ・ローパーのカバー)は、そのスタジオの床に座りこんで必死に弾き語った思い出の曲だ。

「娘の成長を見ているような気分で、感無量です」(武部)、「5周年を迎えることができて、心からうれしく思います。10周年、15周年、20周年、100周年と、すてきな歌を届けていきたい」(chay)

音楽を愛するふたりの世代を超えたコラボレ―ションに、オーディエンスの誰もが笑顔になれた。

JCBオリジナルカクテル「はじめての気持ち♡」
チャイティーをベースにベリーをあわせた豊かな味わい。
シャルトリューズの深みがアクセントのスペシャルカクテル。

(ライター:原田和典)

Set List

M1 あなたに恋をしてみました
M2 好きで好きで好きすぎて
M3 12月の雨
M4 I Feel The Earth Move
M5 やさしさに包まれたなら
M6 You
僕らの音楽 テーマソング(武部聡志)
M7 True Colors
M8 Twinkle Days
M9 運命のアイラブユー
M10 それでしあわせ
En Forever
このイベントについて
開催日2017年10月5日(木)1st 6:30PM/2nd 9:00PM
会場名BLUE NOTE TOKYO(東京)
次のレポートVol.16 May J.
TOPに戻る
RECOMMEND

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

新しい体験をさらに探す

MADE BY JCBだから体験できる特別な時間。